シミュレータシリーズ

交通安全危険予測シミュレータシリーズ

歩行者・自転車・自動車のそれぞれの視点で、どこに危険が潜んでいるのかを予測し、安全確認の学習ができるシミュレータシリーズです。
実際に体を動かしながら歩行疑似体験や自転車を漕ぐ動作、自動車運転を行ない危険感受性を高める体験型教育シミュレータです。

Safety Driving Trainer

当社既存製品「交通安全危険予測シミュレータ自動車編」と株式会社IROC社のVRドライビングシミュレーター「T3R」がコラボレーションした製品です。
シミュレータ体験時の動作に合わせてシートがモーションし体感することで車両の挙動がリアルに再現され、実際の運転に近い体験ができます。

VR動画

各システム(歩行者・自転車・自動車)は複数台のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使用してのVR動画体験が可能です。
360度に渡る臨場感ある世界の体験や、モニタでは不可能な覗き込みによる安全確認など、よりリアルな体験は視覚的インパクトが大きく、学習に効果的です。

その他の交通安全教材

その他、ハイロービーム・ブレーキ・早期ライト・車いすシミュレータがあります。
用途に合わせて体験して頂けます。