本文へスキップ

新着情報・FAQROAD SAFETY DANGER PREDICTION SIMULATOR

交通安全危険予測シミュレータシリーズ


「交通安全危険予測シミュレータ 歩行者編」

モーションセンサーが体の骨格や動きを読み取り、歩行の疑似体験ができます。 3DCGシミュレーションでリアルに再現された風景の中に危険の多い箇所を再現し、どこに危険が潜んでいるのかを体験しながら学びます。 幼児・児童から高齢者まで、誰でもわかりやすく危険予測の意識向上や交通安全の意識を高める学習ができます。

「交通安全危険予測シミュレータ 自転車編」

体験用自転車の正面に液晶モニタ3画面、後方確認用のためのモニタが背面に1画面と実際の運転に近い状態を再現します。
3DCG画面で表現された映像が自転車を漕ぐ感覚と違和感なくリンクする事で臨場感のある体験を可能にしています。
複数コースの組み合わせにより難易度のレベル分けが可能となり、お子様から高齢者まで、体験者に合わせた学習プログラムが体験できます。


「交通安全危険予測シミュレータ 自動車編」

技術を磨くための運転シミュレータではありません。危険予測学習や認知力・判断力、悪い運転習慣の見直しをコンセプトに開発されました。
3DCGのリアルな映像が正面の画面に映し出され、アクセル・ブレーキ・ハンドルを操作しながら仮想都市や市街地等を疑似運転体験します。 走行しながら運転能力を診断し、結果表示や出力で体験者各自に合った、危険予測訓練、安全運転への指導の提供が行える教育機器です。


「その他の交通安全教材」

その他、内輪差・ハイロービーム・ブレーキ・早期ライト・横断歩行・シートベルト非装着・わき見・車いすシミュレータがあります。用途に合わせて体験して頂けます。

交通安全危険予測シミュレータシリーズ「製品仕様紹介」

「交通安全危険予測シミュレータ シリーズ」は交通安全教室や講習など様々なシーンに対応した幅広いシステムを提供しています。
マルチモニタを共通化することにより、各システムに必要な追加機材をセッティングするだけで各種シミュレータが使用できます。
システムの切り替えはタブレット操作で簡単に行えます。また、操作パネルから通信で送られた情報によりリアルタイムで環境設定を変更することができます。
1台で「歩行・自転車・自動車」を網羅することができる新しいスタイルのシステムです。


 一覧へ戻る