柔道整復師が考えた3秒でアライメントチェック

「姿勢診断システム BAS Fit」とは…

1回の撮影で正面画像だけでなく、側面や上空等の結果を表示し歪みや重心等を同時に出力できるため患者様に負担なく測定することができます。
改善箇所の見える化だけでなく、動作に合わせた画面も表示できるため、正しい姿勢への改善指導も同時に行うことができ、より効果的なリハビリと合わせてスタッフの負担軽減・コスト削減にも繋がります。
またサブスク方式により導入のしやすさや、患者様への新たな改善指導のご提案にも役立てることができ、お客様満足度も向上します。

姿勢を3Dスキャン診断

1度の正面からの一方向の撮影だけで矢状面、前額面、水平面を結果に表示しチェック可能。
他にも重心や体の凹凸を示すモアレトポグラフィーも表示。

簡単な3ステップ撮影

①センサーの前に立ち画面の指示に従いポジションを調整
②正しい位置が決まると自動でカウントダウン開始
③3秒後に結果がその場で表示

患者様にも分かるようにマーキング

測定結果後に注意が必要な部分に任意でその場でマーカー入力でき、体験者に対してより伝わりやすい見える化で結果表示

現役柔道整復師が監修

柔道整復師の先生方はご経験があると思います。
患者さんに状態を説明する上で説得させるアイテムが欲しいと。
BAS fitは、置いておくだけで手軽に計測、リアルタイムで姿勢を解析し、視覚的情報として患者さんに詳細な説明ができる。
柔道整復師と患者さんが協力して症状改善できる画期的なアイテムです。


【監修】
小野博道 氏
学校法人平成医療学園 横浜医療専門学校 柔道整復師科 学科長
合同会社 Be Going代表